トップページ事業紹介不動産ソリューション住宅・宅地開発

事業紹介

不動産ソリューション

住宅・宅地開発

直近の販売実績

戸建

プリオールガーデン大泉学園

東京都練馬区大泉学園三丁目

レーベンプリオール練馬関町

東京都練馬区関町北五丁目

プリオール石神井公園

東京都練馬区石神井町六丁目

スマートハウス桜台

東京都練馬区桜台二丁目

プリオール中村橋

東京都練馬区中村北二丁目

スマートハウス相模大野

神奈川県相模原市南区上鶴間一丁目

エコハウス喜多見東京都狛江市東野川二丁目
エコハウス日野旭が丘東京都日野市旭丘三丁目
宅地
東京都国立市西一丁目
東京都練馬区高野台三丁目
東京都日野市南平六丁目
千葉県千葉市稲毛区穴川四丁目
東京都武蔵野市境四丁目
東京都武蔵野市西久保一丁目

プリオールとは


「PRIOR」とはラテン語で「卓越した」という意味ですが、この「PRIOR」には、
私たちの目指す街づくりや家づくりの姿勢も込められています。
そこには、地球環境にやさしいRenewable(太陽光などの再生可能な)エネルギーを創り出し
最適に利用する、環境と共生した安心で安全な高品質のResidence(邸宅)を提供しようという
Priority of R」という企業理念も含まれています。

ブランドロゴ/カラー

ブランドのベースカラーとなっているグリーンは、日本アジアグループが掲げる「グリーン・コミュニティ(安心・安全、そして持続可能なまちづくり)」の実現を目指すという企業理念を表しています。また、GreenはGrowthの原語であり、そこには、家族の健やかな成長の場と新たな生活シーンを提供するという私たちの想いも込められています。
デザインのアール(円弧)は地球をモチーフとしたものであり、PRIORの書体のアール形状から、その象徴としてデザインしました。
書体は、時間や空気や風の流れをイメージする流麗で気品のあるタイポグラフィを採用しました。

当社の特徴・取り組み

JAG国際エナジーの住宅開発の特徴

当社は、前進となる国際航業(株)開発事業本部より、1973年から築いてきた住宅分譲事業の実績で、培われた不動産や環境対策ビジネスの経験・ノウハウをもとに、グリーンプロパティの推進を目指してグループのネットワークや空間情報技術、グリーンエネルギー技術などを活用し、世代を超えて住み続けられる持続可能で環境価値の高いまちづくり・住宅の開発に取り組んでいます。

グリーンプロパティを実現するための取り組み

エコタウン開発事業

生活継続性能(LCP※1)対応型のエコタウン開発


※1 LCP:Life Continuity Performance 家庭・個人と地域のコミュニティの災害時におけるライフライン確保や備蓄倉庫、情報伝達など
※2 ICT:情報通信技術

鳥瞰イメージパース

街並みイメージパース

エコ住宅分譲事業

生活継続性能(LCP※1)対応型のエコタウン開発

グループの住宅供給実績

グループの分譲戸数(2015年3月現在)8,387戸

当社事例

『スマートハウス相模大野 (戸建住宅)』 神奈川県相模原市

魅力的な邸宅地に、人と地球に優しい街づくりを行いました。
家族がいつまでも快適に暮らせる未来を見据えた住まいとして、創エネ・省エネの住まいを実現しました。

スマートハウス相模大野

外観・外構計画

  • 全14区画のスケールをようした街区は、それぞれの住まいにおいて統一感のある意匠性を尊重し、調和のとれたコミュニティを形成
  • 外観デザインは、建物の表情を豊かにするバットレスに素材感のあるボーダータイルを配した存在感のある邸宅のたたずまいを演出
  • 四季折々の彩と香りを楽しむことのできる植栽計画
  • 住まいにより多くの光と風を届けることに配慮した配棟計画
    隣接する住まいのカースペースを隣り合わせにすることで、開放感と陽だまり空間を創出

住宅プランニング

  • 全14邸の住まいそれぞれを異なるプランニングによって個性を演出
  • 様々なライフスタイルに応えるため、ダイニングの吹き抜けやスタディコーナー、ミセスコート、
    ファミリースペース、フリーウォールの採用など、それぞれのプランにおいて数々のこだわりをカタチに
  • 全住戸に小屋裏収納やロフトを採用し収納量を確保

smart house

当社事例

『プリオール葉山の杜 (マンション)』 神奈川県三浦郡

周辺の豊かな自然環境の保全と、調和のとれた景観形成に配慮して開発を行いました。また、建物の耐震性・耐久性を高めるとともにリフォームやメンテナンスのしやすい設計にすることで、建物の長寿命化を図っています。
  • 敷地の自然形状と既存樹木を極力活かした建築企画
  • 雁行プランによる日射遮熱と居住者のプライバシー確保
  • ワイドサッシュ採用で室内に自然光を最大限に取り入れることによる日中室内照明使用量の軽減
  • 建物の長寿命設計(リニューアル・リフォームしやすい設計)
  • 有害物質負荷低減設計(シックハウス対策、土壌汚染の事前確認)
  • 節水型機器の採用

alt
日本アジアグループ(JAG) 東証一部 証券コード:3751