トップページ会社情報企業理念

会社情報

企業理念

エネルギー、不動産および金融のノウハウを活かし、再生可能エネルギーの開発・建設・運用サービスをトータル且つワンストップで提供し、「グリーン・コミュニティ(安心で安全、そして持続可能なまちづくり)」の実現を目指します。

グリーン・コミュニティ

当社の強み

国内や欧州における再生可能エネルギーのパイオニアとしての実績とノウハウ
日本アジアグループは、2004年に当時世界最大の発電容量となる5MWのメガソーラー発電施設をライプツィヒ(ドイツ)に開設したのを皮切りに、これまでに欧州4カ国(ドイツ、イタリア、スペイン、チェコ)でメガソーラー発電所を開発。
国内においても全国各地で32ヶ所、55.98MWのメガソーラー発電事業を手がけるパイオニア企業として幅広い知識と経験、様々な技術を有しています。また、風力、小水力、バイオマス、地熱発電に関するコンサルタントとして、太陽光以外の再生可能エネルギーの開発・管理・供給にも携わり、ノウハウを蓄積しています。
グループの強い連携により専門性を高度化させて新たなビジネスモデルを創出
環境・エネルギー時代の求めに応じた不動産ソリューション事業、国内や海外の社会インフラ整備に幅広く携わることで培われた技術力・信頼に加え、国内から海外にシームレスで広がる事業ネットワークを有する空間情報事業、資金調達等の金融ノウハウが緊密に連携することで、効果的なソリューションをご提供します。
不動産サービスに環境・エネルギーソリューションを組み込んだグリーンプロパティサービス
従来の不動産サービスに加え、住宅・建築物の省エネ、再生可能エネルギーの活用など、低炭素社会の実現に向けた総合的な取り組みを「グリーンプロパティ」と定義し、サービスを提供しています。自らが事業主となって事業を行うエコタウン開発、グリーンビル開発のほか、創エネ・省エネ・蓄エネをベストミックスで提案するエネルギーソリューションや不動産オーナーの代行者として施設に経営・運営管理を行うプロパティマネジメントを組み合わせた総合的なソリューションを提供し、不動産の環境価値の創出と資産価値の向上を実現します。

グリーン・コミュニティの実現に向けたグループの連携・協働体制

 日本アジアグループの連携・協働体制