トップページ会社情報沿革

会社情報

沿革


1947(昭和22)年 9月 「三路興業株式会社」を設立、資本金800万円、羽田を始めとする国内主要空港の不動産等関連施設を管理運営する会社として出発
1948(昭和23)年 10月 商号を国際不動産株式会社に変更
1949(昭和24)年 2月 子会社日本航測株式会社を設立し、航空写真測量業に進出
1954(昭和29)年 5月 商号を「国際航業株式会社」に変更
1970(昭和45)年 2月 空港施設部門を空港施設株式会社として分離独立、空港資産とこれに関する営業の全てを譲渡し、賃貸ビル事業へ転進
1973(昭和48)年 1月 住宅分譲事業へ進出
2007(平成19)年 10月 株式移転により、純粋持株会社「国際航業ホールディングス株式会社」を設立
2008(平成20)年 1月 不動産事業を「国際ランド&ディベロップメント株式会社」に分割
2010(平成22)年 3月 日本アジアグループ、宮崎ソーラーウェイ 都農第1発電所を竣工
2011(平成23)年 2月 宮崎ソーラーウェイ 都農第2発電所を竣工
2012(平成24)年 3月 日本アジアグループ株式会社が 「JAG国際エナジー株式会社」 を設立し、国内における再生可能エネルギー発電事業へ注力
2012(平成24)年 4月 国際航業ホールディングス株式会社が株式交換によって日本アジアグループ株式会社の完全子会社となる
2013(平成25)年 4月 ベトナム現地法人としてKOKUSAI LAND (VIETNAM) LIMITEDを設立
2015(平成27)年 5月 日本アジアグループ株式会社が東京証券取引所市場第一部銘柄指定
2015(平成27)年 7月 国際ランド&デベロップメント株式会社を存続会社としてJAG国際エナジー株式会社を吸収合併し、商号を「JAG国際エナジー株式会社」に変更